12月 30, 2014

男性特有の性病というものもあり、例えば、亀頭包皮炎もその1つです。 この包皮炎は、黄色ブドウ球菌などの雑菌をはじめ、カンジダが亀頭・包皮に感染することにより引き起こる疾病で、性行為をはじめ、洗いすぎや下着とのこすれなどで傷ができてしまい感染してしてしまいます。 症状としては、雑菌が原因の場合には、赤く腫れたり、痛み・かゆみなどの症状が生じやすく、カンジタが原因の場合には、赤くなったり、かゆみ・白いカスがたまるなどの症状が出る場合があります。 細菌性の亀頭包皮炎の治療法としては、皮膚の腫れなどの炎症がひどい場合には、抗生物質の飲み薬・塗り薬を使用します。 この亀頭包皮炎に効果的な薬としては、飲み薬の場合にはオゼックス・フロモックスなどで、塗り薬にはフシジンレオ・クロマイPなどが有効的です。 さらにカンジダが原因の亀頭包皮炎の治療法としては、抗真菌剤の塗り薬を使用するのが一般的で、粘膜が刺激に敏感なこともあり、クリームではなく軟膏を使用します。 カンジダが原因の包皮炎に効果的な薬としては、塗り薬の場合、アスタット軟膏が良く、症状にかゆみや赤みがある場合にはグリメサゾン・ロコイドなどのステロイド含有の塗り薬を使用し、治します。 [...]
Read More »

Proudly powered by WordPress and Sweet Tech Theme