紫斑病の症状、カンジダの早期発見

溶連菌の感染症があります。子供から大人までうつる病気ですが、すぐ、熱もさがり、抗生物質を飲むことで、体の中の溶連菌を殺すことができます。抗生物質は体の中をむしばんでいく菌を殺す重要な役割をしていますが、血管を刺激する場合があります。菌を殺すはずの薬が血管を刺激しだし、血管が弱くなり内出血を起こします。このような状態の病気を紫斑病と言います。紫斑病は、腎炎を起こすかもしれない病気です。ですから、紫斑病と判断されると入院をしなければいけません。血尿や血便が出ていないか検査をしていきます。血管を壊すので、内出血はひどく、特に膝から下の部分が、アザだらけになります。関節痛があり、膝が曲がらなくなります。医師のもとで、様子を見ていかなければいけません。症状が、落ち着いてくると退院できますが、血尿や血便があると、腎炎を起こしている可能性があるのでステロイドを使います。腎炎を起こしていなくても、血便がある場合ステロイドを使い、症状を良くしていきます。副作用は、食欲増進と、むくみです。抵抗力もなくなってしまいます。しかし、状態が落ち着くとむくみも取れていきます。副作用が原因で食べてもあまりお腹が満たされません。安静を続けることによって血管も回復し、アザが消えていきます。再発する病気なので、いつもの生活に戻っても注意しなければいけません。体が疲れている時にかかりやすいと言われている、カンジダがあります。カンジダは、妊娠中にもかかりやすく、陰部の痒みがあります。痒みがあればすぐに受診したほうが良いです。寝ている時も痒みがあり、落ち着きません。カンジダは性病の一つです。もろもろのおりものと、陰部の痒みです。このような症状があると、受診し、薬をもらわなければいけません。体が疲れているとかかりやすい病気なので、無理をせず、過ごすことにこしたことはありません。

Proudly powered by WordPress and Sweet Tech Theme