お風呂に入らない方や包茎の人はカンジダのリスク

カンジダは性病の一種であり、局部に症状が現れる大変デリケートな問題です。
男女双方に現れるのがカンジダの特徴になります。
性別によって症状は異なりますが、原因は基本的に同じです。
カンジダの原因は、いわゆる性的な行為ではなく、酵母カビになります。
性病に分類されているものの、セックスや愛撫、前戯等によって感染する性感染症とは異なり、個人の免疫力が低下した事によって発症します。
具体的には睡眠時間の不足、連日連夜の徹夜、お風呂を何日も入らない事によるストレスや不衛生な生活環境が、その原因となります。

また男性の場合、カンジダを誘発するリスクとして指摘されるのが包茎です。
包茎自体は何らリスクのない状態ですが、常に亀頭が厚い厚い皮で守られているため、ペニス全体が不衛生な状態に陥ります。
お風呂の時、包茎の男性は人一倍丁寧に亀頭やその周辺を洗わなければいけません。
包茎の方はどうしても亀頭周辺にカスやゴミが蓄積しやすく、それがカビや雑菌を育てる温床となるのです。
お風呂をついつい何日も連続でサボる男性や真性包茎を抱える男性は、
一般的な方々に比べて、カンジダになりやすいリスクがあります。

カンジダの治し方は既に確立されています。
軟膏や経口錠、専用の塗り薬等がありますので、症状が分かり次第、専門医の指導を受けるのが適切です。
またレアケースですが、セックスのやり過ぎがカンジダを呼ぶ事があります。
セックスの頻度が高すぎる方や不潔な状態が多い方は、
カンジダのリスクが高まりますので、お風呂に毎晩入る事や免疫力をアップさせるためには、睡眠や休息の時間を意識的に増やしましょう。
免疫力を向上させるためには、規則正しい食事も大事です。

Proudly powered by WordPress and Sweet Tech Theme