カンジダ性亀頭包皮炎は性病ではない?

カンジダ膣炎は、女性の膣や外陰部に異変が出る病気です。
カンジダというのは真菌、つまりカビのことです。
カンジダ膣炎にかかると、膣内に灼熱感があったり、外陰部に痒みが出たりします。
カッテージチーズのような白いおりものが大量に出るのも特徴です。
カンジダ膣炎は、性行為によって発症することがあるため性病だと思われがちですが、性行為をしていなくても発症する場合があります。
カンジダは、健康な人の体内にもいる常在菌です。
体内の菌のバランスが崩れて、カンジダ菌が異常に増殖した時に発症します。
疲れやストレスがたまっていて体の抵抗力が落ちている時や風邪をひいている時に発症しやすくなります。
ピルを服用している期間にカンジダ膣炎になることもあります。

カンジダ膣炎は再発することがよくあります。
再発を繰り返していると、カンジダ不妊になる可能性が高まります。
増殖したカンジダ菌の影響で膣や子宮頚管が炎症を起こしていると、精子が子宮までたどり着けなくなってしまうことがあるのです。
カンジダ 不妊にならないためにも、カンジダ膣炎をきちんと治療し、再発を防ぐことが大切です。

カンジダ性亀頭包皮炎は、男性のペニスに異常が出る病気です。
亀頭がカサカサして白くなっていたり、ペニスの溝の部分に垢のような白いカスがたまっていたりします。
炎症を起こしてペニスが赤くなることもあります。
カンジダ膣炎を発症している女性との性行為が原因で発症することが多いので、性病扱いされています。
ペニスを不潔にしていたり、石鹸で洗い過ぎている時に発症しやすくなります。
包茎の人に多い症状でもあります。

カンジダ膣炎やカンジダ性亀頭包皮炎の治療によく使われるのがエンペシドクリームです。
エンペシドクリームはカンジダ菌が原因の症状に有効です。

■ヘルペスにはこちらのお薬がおすすめです■
バルトレックスは通販で購入できる性病治療薬です

Proudly powered by WordPress and Sweet Tech Theme